小橋竹蔵を演じる西島秀俊がとと姉ちゃん(娘)に伝えたいこととは?

ども、チーターです。

NHKの朝の連続テレビ小説、

とと姉ちゃんで、

すでに話題の人となっている

小橋竹蔵を演じている

西島秀俊さん。

 

話題になっているのは、

早くに亡くなってしまう役なので、

主役の小橋常子を演じる

高畑充希さんとは

共演しないとことが話題になってます!

 

お2人の共演見たかったですもんね!

 

スポンサーリンク

 

西島秀俊さん演じる小橋竹蔵とは?

小橋竹蔵は、とと姉ちゃんこと、小橋常子の

父親(とと)ですが、役の設定では常子が

幼い頃に亡くなってしまい、

常子がとと(父親)の代わりになります。

 

小橋竹蔵が死ぬ前に常子と交わした二つの約束とは?

 

竹蔵自身も早くに父親を亡くして

親戚を転々として育てられます。

そのなかで、父親が中心で権威

振りかざす家庭をいくつも見てきました。

 

そんな環境から自分の家族には高圧的には

ならずに、ひとりひとりの人格

大切にしようと心に決めるのです。

 

もちろん、相手が幼い子どもであってもです。

そんな小橋竹蔵はまさに理想的なとと(父親)

だったのです。

 

浜松の染め物工場では、営業マンとして

活躍していた竹蔵は、

口が上手いとか、強気の営業というより

人間性や誠実さで、信頼を得ていたの

だと思います。

 

小橋竹蔵の家族への想いとは?

小橋竹蔵が伝えたい想いを、西島秀俊さんが

語っていました。

「竹蔵が家族のみんなに伝えたい想いとは、

平凡な日常こそがかけがえのないもの

だということです。

 

薄れゆく命の中で、

余命を悟った竹蔵の辛さ

娘達の成長を見れない無念さ

はかりしれないものです。

 

残された時間を精一杯家族と

過ごす姿は、台本を読んだだけで

涙が止まりませんでした。」

 

竹蔵を演じる西島さん自身の

家族への想いも伝わってきますね。

 

スポンサーリンク

 

共演者との雰囲気は?

西島さんは、とと姉ちゃんの現場の

雰囲気をこのようにおっしゃっています。

「子役の皆さんのお芝居が、

本当にすばらしいです。

 

母親役の木村多江さんが温かい

雰囲気を醸し出すので、現場も、家族も

温かくなります。

 

弟の哲郎役の向井理さんとは、

初共演ですが、哲郎のシャイで

繊細な部分はイメージとぴったり

演技がしやすいです。

 

まじめすぎる竹蔵が行き詰った時に、

哲郎の柔軟さに救われることも

あり、良い兄弟だと思います

 

娘たちの人格を尊重して、

家族を愛した竹蔵が作った

家族は愛に満ちた家族です。

 

竹蔵の想いを継いだ、

とと姉ちゃんこと小橋常子の

活躍がたのしみですね!

 

でもやっぱり、いつかは、

小橋家の女性たちと小橋竹蔵を

同じ画面で見てみたいです。

 

俳優さんたちご本人も

そう考えていると思います。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 檀ふみ
  2. 高畑充希 とと姉ちゃん
  3. とと姉ちゃんオープニング
  4. 高畑充希
  5. 中田綾演じる阿部純子
  6. 小橋鞠子 相楽樹
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール






性別
チーター : 夫 (男性)
ペガサス : 妻 (女性)

年齢
チーター : アラフォー
ペガサス : アラサー

初速は負けないけど<すぐ飽きる>チーター夫と、
天真爛漫、自由気ままな<天才肌>のペガサス妻。
AKBと、ももクロの区別がつかないとか、
そんなボケボケ夫婦にならないように、
いろいろな事を調べて、記事を発信していきます!