箱根駅伝2017の優勝候補と順位予測!正月を熱くするのは?

ども、チーターです。

毎年お正月を熱くさせてくれる、箱根駅伝

多くの方が楽しみに見ていると思いますが、これがなきゃお正月って感じがしないですもんね!
 

%e7%ae%b1%e6%a0%b9%e9%a7%85%e4%bc%9d2016

 

箱根駅伝には、毎回ドラマがあり、感動させてくれます。
 

今までの箱根駅伝で生まれた名言も、めっちゃ感動しました!

▷▷▷人を育てる箱根駅伝の名言 [ 生島淳 ]

 

間違いなく、箱根駅伝は2017年も盛り上がること必至です!

ということで一足先に、箱根駅伝2017の優勝候補と順位予測をして盛り上がってみたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

いったいどの大学が箱根駅伝2017の頂点に立つのか、今からワクワクしますね!

では、箱根駅伝2017の優勝候補の本命から発表していきます!
 

箱根駅伝2017の優勝候補の本命

 

青山学院大学

 
なんといっても、箱根駅伝2017の本命は、箱根駅伝3連覇を狙う青山学院大学です!

青山学院大学は、2016年の箱根駅伝で優勝していて、史上最強軍団と称されて圧倒的な強さでしたが、2017年もそのDNAは生きています。
 

2016年10月の出雲駅伝でも優勝していて、安定的な強さを保っています!

このまま、出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝2017と3冠も夢ではありません。
 

566905

 

2016年の箱根駅伝での圧倒的強さで一躍有名になった、原晋監督は2017年も自信を持っています。

注目選手は、学生歴代10位の記録を持つ一色選手や、スピードに定評がある下田選手、さらにスタミナのある田村選手や一年生エースの小野田選手など、人材が豊富です。

3冠、3連覇と最強伝説はどこまで進むのか、箱根駅伝2017の優勝候補である青山学院からは目が離せません!

 

箱根駅伝2017の優勝候補の対抗

 
本命を追う、箱根駅伝2017の優勝候補の対抗はこの2校です!
 

東海大学

 
1年ごとに着実に力をつけてきている東海大学

關颯人選手鬼塚翔太選手など、超強力ルーキーが加わったことで、チーム全体に勢いがあります。
 

もちろん、主軸の林竜之介選手川端千都選手湊谷春紀選手などもルーキーに負けじと力をつけています。

東海大学は、飛び抜けたエースは不在ですが、ルーキーとベテランが上手くかみ合えば、優勝を争う戦いができます!
 

出雲駅伝2017でも、3位に入っていて、箱根駅伝2017にむけて、勢いが増してきそうです!
 

駒澤大学

 
昨年の出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝の3大駅伝では、すべて3位入りしている駒澤大学
 

常勝を掲げる駒澤大学も、優勝からは離れており、出雲駅伝2016でも5位と結果が出せずに苦しんでいますが、いつまでもくすぶっているわけではありません!

中谷圭佑選手工藤有生選手の世界ハーフ日本代表の二人を軸に、名門復活に挑みます!
 

さらに注目選手として、経験豊富な4年生の大塚祥平選手や西山雄介選手、伸びが著しい藤木悠太選手下史典選手など、トップレベルの選手が揃っています!

名将、大八木監督の采配がきらっと光ることに期待しましょう!

 

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2017の優勝候補の穴

 
充分に優勝が狙える、箱根駅伝2017の優勝候補のはこの2校です!
 

東洋大学

 
昨年までの3大駅伝で、22大会連続ベスト4入りという超安定チームの東洋大学!
 

柱となるのは、5000mで日本人学生記録を持つ服部弾馬選手と、10000mで日本人学生記録を持つ櫻岡駿選手、スピードとスタミナの両方に定評のある口町亮選手の3選手。

その3選手を追いかけるように、3年生の野村崚哉選手や2年生の山本修二選手がレベルアップしています!
 

東洋大学陸上部としては、OBが3選手、現役で3選手をリオオリンピックに送り、箱根駅伝2017でも優勝して大輪を咲かせたいと願っています!

怯まず前に!を合言葉に、箱根駅伝2017で頂点を狙います。
 

山梨学院大学

 
14年ぶりの頂点を狙える勢いがある山梨学院大学

チームの大黒柱でありD・ニャイロ選手をはじめ、4年生の佐藤孝哉選手や3年生の上田健太選手の主力3選手の調子が良く、周囲の関係者の期待が高まります!
 

出雲駅伝2016でも、青山学院大学に続いて2位という好成績です!

この流れで、全日本、箱根駅伝の頂点に一気に駆け抜ける可能性もあります。

期待して応援しましょう!

 

箱根駅伝2017の優勝候補の大穴

 
ココが出てくると面白い、箱根駅伝2017の優勝候補の大穴です!
 

早稲田大学

 
2010年に史上三校目となる駅伝3冠を達成した名門早稲田大学

エース不在と言われ続けた近年ですが、箱根駅伝2017では、現在にチームの核である平和馬選手が不動のエースとなれれば、上位にくいこんでくる可能性もあります。
 

早稲田大学はAチームと言われる1軍へ入れる人数を絞り、ハングリー精神を鍛えてることで、競争を激化させ、個の能力を高めています!

名門復活をかけて、函館駅伝2017に臨みます。

 

明治大学

 
最後は、昨年シード権を落とし予選会から出直すことになった明治大学

中心選手の、坂口裕之選手薮下響大選手が急成長をしていて、その伸びがそのままチームの伸びになっています。
 

1年生の阿部弘輝選手も関東インカレで入賞するなど、予選通過は間違いないレベル!

予選から上がってきたチームが優勝する、そんな奇跡を見てみたいですね。
 

箱根駅伝2017の順位予測

 
ということで、箱根駅伝2017の優勝候補を挙げてきました。

それに基づく順位予測はこうなります!

優勝 青山学院大学
2位 東海大学
3位 駒澤大学
4位 東洋大学
5位 山梨学院大学
6位 早稲田大学
7位 明治大学

 

以上、箱根駅伝2017の優勝候補と順位予測!正月を熱くするのは?の記事でした。

箱根駅伝2017で選手の熱い戦いを見て、1年をスタートさせる、これが日本の正月ですね!

いまから楽しみでしょうがありません!!

 

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 高木京介
  2. 畠山愛梨1
  3. 福原愛 錦織圭
  4. 円陣声出し金銭祝儀
  5. 前田健太画像
  6. 石川遼結婚式
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事はこちら

プロフィール






性別
チーター : 夫 (男性)
ペガサス : 妻 (女性)

年齢
チーター : アラフォー
ペガサス : アラサー

初速は負けないけど<すぐ飽きる>チーター夫と、
天真爛漫、自由気ままな<天才肌>のペガサス妻。
AKBと、ももクロの区別がつかないとか、
そんなボケボケ夫婦にならないように、
いろいろな事を調べて、記事を発信していきます!