洗濯機のおすすめ2016年下期ランキング!ドラム式の理由は?

ども、チーターです。

とうとう長年使っていた洗濯機が壊れてしまいました・・。
10年程使っていたので、なんとなく愛着があったのですが、動かなくては話になりません。家電の別れは寂しいものです。

 

が、新しい洗濯機が我が家にやってくると、その進化ぶりに前の洗濯機のことは忘れてしまいました。
すまぬ!前の洗濯機、最新の洗濯機が凄すぎるせいなのだ!

 

ということで、2016年下期の最新洗濯機ランキングを発表します!
私のように、壊れかけの洗濯機の方や、夏のボーナスで買い替えようとお考えの方の参考になればと思います!

 

スポンサーリンク

洗濯機のおすすめ2016年下期ランキング!ドラム式編

 

第1位 日立 ビートリサイクル風アイロンビッグドラム BD-V9800

洗浄力・乾燥性能・清潔維持の三大要素で全てトップレベル!大流量のWシャワーやドラムの高回転で汚れた繊維に残った洗剤まで落とします。黄ばみの予防・除去もできる温水ナイアガラ洗浄機能も搭載しておりまさに無敵!高風速の風アイロンの乾燥機能と洗濯槽の外側を洗浄する機能は日立の技術の高さが分かります!

 

第2位 東芝 Bigマジックドラム TW-117X3

洗濯が11kgと乾燥が7kgが可能な大容量ながら本体幅が60cmとコンパクト!洗濯槽のたたき洗いと大容量シャワー効果によって洗浄機能も完璧!
もちろん、抗菌温水洗浄機能も搭載しています!乾燥機能も洗濯槽の拡大により、従来から比べシワができにくくなっています!

 

第3位 パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9600

諦めていた黄ばみ汚れも温水泡洗浄機能で落とすことが可能になりました!乾燥機能もヒートポンプ式だから省エネかつスピーディーです。液晶アイコン表示も見やすくて使いやすいと評判です。マイナスポイントは、洗濯槽のすすぎが真水ではないところが気になる程度。

 

洗濯機のおすすめ2016年下期ランキング!タテ型編

 

第1位 東芝 マジックドラム AW-10SV3M

濃い洗剤液と大水量シャワー、独自のパールシャワーで洗浄力が大幅にアップ!防汚コーティングした水槽が黒カビを防ぎ、清潔な状態を維持します。オシャレ着でもしっかりと傷めずに洗浄できる、付属のトレーも好評!低振動・低騒音設計なので、夜に選択される方には特におススメです!

 

第2位 日立 ビートウォッシュ BW-D11XWV

縦型洗濯機なのに、11kgの大容量を実現しています!循環ポンプがついていて節水しながらも大水量で洗浄することができます。温水ミスト機能は皮脂汚れなど黄ばみも抑制してくれます。

 

第3位 パナソニック インバーター洗濯乾燥機 NA-FW100S3

頑固汚れを落とす泥汚れつけおきコースが追加され、洗浄力がアップしています。乾燥器のも縦型のなかではレベルが高めですが、乾燥シワの軽減される機能はついていません。ふたの表面がフラットになっておりお手入れがしやすいのは嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

そもそも洗濯機を選ぶポイントとは?

2016年の下期の洗濯機のおススメランキングを書いてきましたが、そもそも洗濯機を選ぶポイントは3つです。
それは、洗浄力・乾燥力・清潔性の3つです。

 

なかでも一番大事なのは、洗浄力です!当たり前ですね。もちろんメーカー各社も、一番力を入れているポイントなので、
正直言って差があまりありません。特に温水洗浄機能がついているものは洗浄力が非常に高いです。

 

乾燥機能は、圧倒的にドラム式の方がレベルが高いです!乾燥機能が重要な方はドラム式で考えていきましょう!
ドラム式を選ぶ唯一の理由と言っても良いぐらいです!そのほかの機能は縦型もドラム式もほぼ同じです。(もちろんデザインは全く違います)

 

洗濯槽を清潔に保つ機能は、今では標準です。ただ、方法がそれぞれ違うので、各メーカーの考え方を確認しておきましょう!

 

以上、洗濯機のおすすめ2016年下期ランキングでした。さすがに、10年前の洗濯機とはレベルが違います!

技術者の方に感謝ですね。是非皆さんも最新洗濯機の実力を知ってみて下さい!

 

スポンサーリンク
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事はこちら

プロフィール






性別
チーター : 夫 (男性)
ペガサス : 妻 (女性)

年齢
チーター : アラフォー
ペガサス : アラサー

初速は負けないけど<すぐ飽きる>チーター夫と、
天真爛漫、自由気ままな<天才肌>のペガサス妻。
AKBと、ももクロの区別がつかないとか、
そんなボケボケ夫婦にならないように、
いろいろな事を調べて、記事を発信していきます!