北朝鮮の撃てないミサイルが日本にとって、なぜ脅威なのか?

北朝鮮は、核実験と共にミサイル

発射実験を続けています。

 

本当に北朝鮮はミサイルを撃つのか?

しかし、どう考えても北朝鮮は、

そのミサイルを使うこと、

つまり、他の国に向かって撃つことは

できません。

 

もちろん、技術的に、物理的には

ミサイルを撃てる確率が

高まっている事は確かです。

 

しかし、いったいどこに撃つことが

出来るでしょうか?

 

隣国としての、

日本、韓国に打ち込むと、

自衛隊や韓国軍はもちろん、

アメリカ軍の圧倒的な反撃

受けてしまいます!

 

北朝鮮も生き残るために、

絶対にアメリカの攻撃を受けるような

引き金は引きません!

 

では、中国に撃つことはあるでしょうか?

中国は唯一、援助してくれる国です。

しかも、国家の規模も圧倒的に違います。

反撃を受けたら、即滅亡です。

なので、中国にミサイルをうつことは

絶対にありません。

 

では、ロシア?

あり得ません!!

番ひどい反撃を受けてしまいます。

世界中が知っていますよね。

 

ということで、

北朝鮮のミサイルは、実質、

全く人がいない海に向けてしか

撃つことができません。

 

脅しに使える?

じゃあ、持っているだけで、

いつでも撃てるぞ!という脅し

として、使えるかというと、

その効力も疑問です。

 

脅しというのは、

相手が恐怖に思って初めて

効果があります。

 

しかし、先に書いたように、

周りの国々が、北朝鮮は、

絶対に使えないと、分かっているので、

ミサイルの効力が、あまりないのです。

 

日本が脅威に感じる理由はない?

では、日本にとって、北朝鮮のミサイルは、

脅威ではなく、放っていけばいいのでしょうか?

 

それは全く違います。

日本にとって超脅威なのです!

 

これは、なぜ北朝鮮が、ここまでの

逆境の中でも、ミサイル開発をするのかを

考えると分かります。

 

北朝鮮がミサイルを開発する理由は、

<ビジネス>です!

 

お金儲けのためにミサイルを開発しているのです。

買う人たちは、世界中にいます。

中東の国や、イスラム国のようなテロ組織です。

 

北朝鮮が、精度の高いミサイルを開発できれば、

非常に大きなビジネスが成り立ちます。

お金がなく困っている北朝鮮にとっては、

麻薬と並ぶ、ミサイルなどの武器は

2大産業です。

 

そして、このビジネスが成り立つと、

日本にとっての脅威が生まれます。

もちろん、危険な武器やミサイルが、

世界中に広がる危険もありますが、

なにより、北朝鮮にお金が入ることが、

日本にとっての脅威なのです!

 

北朝鮮にとって、お金がなければ、

拉致問題というカードを切らざるを得ません。

なので、拉致問題が進展する可能性が

あります。

 

しかし、北朝鮮がお金を持ち、

余裕が少しできると、

そのカードは切りません。

最後まで、取っておきます。

 

となると、日本が打てる手は極端に

少なくなります。

実際、すこし動きかけていた拉致問題が

全く表に出なくなってきました。

 

これこそが、日本にとっての脅威なのです!

関連記事

  1. 熊本地震 屋外退避
  2. 母の日
  3. 円陣声出し金銭祝儀
  4. NHK契約アナウンサー
  5. 東芝 サザエさん
  6. 桃田賢斗
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール






性別
チーター : 夫 (男性)
ペガサス : 妻 (女性)

年齢
チーター : アラフォー
ペガサス : アラサー

初速は負けないけど<すぐ飽きる>チーター夫と、
天真爛漫、自由気ままな<天才肌>のペガサス妻。
AKBと、ももクロの区別がつかないとか、
そんなボケボケ夫婦にならないように、
いろいろな事を調べて、記事を発信していきます!