岡山県の用水での異常な数の死亡事故はなぜ起こる?慣習が死を招く!

ども、チーターです。

岡山県で起きている特有の

死亡事故が多発していることを

ご存知ですか?

 

たった3年間で31人も死亡している

大事故なのですが、

岡山県の中では、

あまり注目されていませんでした。

 

31人も死んでいるのにですよ。

考えられないことですが、

実際に起こっているのです!

 

スポンサーリンク

 

岡山県の特有の死亡事故とは?

岡山県内の特有の事故とは、

岡山市内で4000km、

倉敷市内で2100kmの

用水路への転落事故です。

 

もちろん他県でも

同様の事故はありますが、

圧倒的にワースト1位です。

 

県外から赴任した県警本部長の言葉

「用水での死亡事故数が異常だと

思わないことが異常である!」

 

県外出身の県警本部長は、

すぐにわかることなのに、

岡山県内にいると

普通の事だという認識

いたということでしょうか。

 

県外から来た医師の言葉

「全国を周ってきたが、こんなに用水

に落ちた人が搬送されてくるのは

初めてだ」

 

死亡事故が多いという事は、

事故そのものも多いということであり、

用水に落ちる事故は、

特別な事故ではない認識

岡山県民は、持っていたの

かもしれません。

 

他県との比較は?

用水への転落死亡事故の

ワースト1位は岡山県だが、

ワースト2位は同率で、

富山県と滋賀県が並んでいます。

 

田んぼや畑が多くある地域は、

用水が多く流れているので、

比較的事故があることは理解できますよね。

 

しかし、岡山県の圧倒的な事故件数は

なぜなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

岡山県が用水での死亡事故が多い原因とは?

もちろん、断定的なことは今の段階では

言えませんし、警察や岡山市など

が分析して発表されると思いますが

現在分かる情報から、原因を考えてみました。

 

大きな原因は二つあると思います。

 

人口が用水がある地域としては多い!

用水が多い地域は他にもありますが、

2位の富山県や滋賀県と比べ

政令指定都市の岡山市を含む岡山県は

人口が多いのです。

 

岡山県:約192万人

富山県:約108万人

滋賀県:約139万人

と、岡山県の人口は圧倒的に

多いのです。

 

人が多ければ事故の数も

増えますよね。

 

もちろん、東京や大阪などの

大都市の方が人口は多いですが、

そもそも用水がありません。

なので当然、用水事故はないのです。

 

ふたや、夜間の電灯など予防の慣習がなかった!

県外出身の県警本部長や、

医師が指摘した通り、

用水の事故や危険性について、

慣れてしまっている部分があります。

 

岡山県では、この用水危険だなと

思うようなところも事故予防せず、

そのまま放置されていたのです。

 

その結果、

異常だと思わないことが異常だ!

とまで言われるほど

不感症状態になっていたのですね。

 

三年間で31人の方が死亡している

事故って聞いたらすごく怖いですが、

慣れによって何にも思わなくなって

しまうのですね。

 

今一度、ご自分の周りの危険を

考えてみてはいかがですか?

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ベッキー復帰
  2. 熊切あさみ
  3. 菊間千乃
  4. ジカ熱
  5. 清原和博 千葉西総合病院
  6. 人工知能
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール






性別
チーター : 夫 (男性)
ペガサス : 妻 (女性)

年齢
チーター : アラフォー
ペガサス : アラサー

初速は負けないけど<すぐ飽きる>チーター夫と、
天真爛漫、自由気ままな<天才肌>のペガサス妻。
AKBと、ももクロの区別がつかないとか、
そんなボケボケ夫婦にならないように、
いろいろな事を調べて、記事を発信していきます!