バドミントン選手の桃田賢斗が賭博をやめられない独特の性格とは?

ども、チーターです。

バトミントンで天才と言われた

桃田賢斗選手。

 

リオオリンピックでもメダル確実

言われていた程の実力者です。

 

なぜそんな、実力者の

桃田賢斗選手が、

闇賭博に手を出して、

抜け出せなかったのでしょうか?

 

桃田選手について調べてみると

彼の性格が原因かも

思うようになってきました。

 

スポンサーリンク

 

バトミントン桃田賢斗選手の性格とは?

 

バトミントンの桃田賢斗選手の性格は、

こんな感じです。

・大の負けず嫌い

・目立ちたがり屋

・自分の力を見せつけたい

・練習をしまくる真面目

・天才を演じる

などと言われています。

 

もちろん、

世界トップレベルのアスリートですから、

負けず嫌いや

目立ちたがり屋というのは

想像できます。

 

桃田賢斗選手の

目立ちたがり屋のエピソードでは、

中国に遠征に行った時の

インタビューがあります。

 

中国の試合会場で現地メディアの

インタビューに対して、

他の選手より目立とうとして、

「思ったより田舎ですね!」

などと言ってしまったのです。

 

すこしウケ狙いで目立とうとした

のでしょうが、現地の方からは

抗議がでるほどの騒ぎになってしまいました。

 

この件では若干問題がありますが、

目立ちたがり屋自体は、

悪いことじゃないですよね。

 

他にも真面目すぎるぐらい真面目

性格だとという意見もあるのですが、

これもトップアスリートには

共通する性格ですね。

これも良い性格です。

 

スポンサーリンク

 

バトミントン選手の桃田賢斗が賭博をやめられない独特の性格とは?

問題は、最後の天才を演じることです。

これは後天的な性格ですね。

 

もちろん桃田選手の経歴をみると

天才と言っていいかもしれません。

 

だってこんな立派な成績ですよ!

・全国小学生選手権優勝

・中学生で全日本選手権ベスト4

・世界ジュニア選手権男子シングル銅メダル

・アジアユース選手権男子シングル金メダル

・アジアユース選手権団体戦金メダル

・世界ランキング4位

・日本ランキング1位

と、まあこんな感じで超エリートです!

 

なので、天才と言っていいのですが、

桃田賢斗選手は、

バトミントンをもっとメジャー

するために、

お金を稼いで、

高級車に乗って、

豪華な生活して、夢を見せたい!

と言っていました。

 

なので、天才を自分でも演じながら、

バトミントンドリームを演じて

いたのです。

 

向かうところ敵なしで、

天才だと思いこんでいると、

自分は特別だと思ってしまいます。

 

なので、賭博でも負けたくないし

決して自分は捕まらないと、

勘違いしてしまったのでは

ないでしょうか。

 

この天才を演じる、という

後天的な性格が賭博から

抜け出せなかった原因だと

考えられますね。

 

桃田賢斗選手はまだまだ若いですので、

いくらでもやり直しが効きます。

 

リオが駄目でも、

東京オリンピックには天才復活

奇跡をみたいものです。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 母の日
  2. とにかく明るい安村
  3. シャープ
  4. 清原和博
  5. 岡山県用水死亡事故
  6. 東芝 サザエさん
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール






性別
チーター : 夫 (男性)
ペガサス : 妻 (女性)

年齢
チーター : アラフォー
ペガサス : アラサー

初速は負けないけど<すぐ飽きる>チーター夫と、
天真爛漫、自由気ままな<天才肌>のペガサス妻。
AKBと、ももクロの区別がつかないとか、
そんなボケボケ夫婦にならないように、
いろいろな事を調べて、記事を発信していきます!