高校野球2017の夏の優勝候補を予想!連覇それとも逆襲?

ども、チーターです。
 

2017年の高校野球も春の選抜を終え、いよいよ集大成である夏の甲子園が近づいてきました!!
 

甲子園

なんといってもやはり、高校野球は夏が本番。

2017年の夏の高校野球も盛り上がりそうです!
 

幸せいっぱいの世界の渡部さんも、奥さまと高校野球を見るのでしょうか?うらやましい!
 

知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。 [ 渡部建 ]

 

春の選抜高校野球2017では、大方の予想を覆し、大阪対決になり、ヒートアップしました。

私の予想も見事に外れ(笑)、大阪桐蔭が見事頂点に立ちました。

高校野球2017の夏の見事連覇できるのか、はたまた違うチームが上がってくるのか今から楽しみでなりません!!

そんな、高校野球が大好きなあなたのために、今回も高校野球2017の夏の優勝候補を予想しちゃいました!

あなたの予想と比べて楽しんで下さいね!!

それではさっそく、高校野球2017の夏の優勝候補を発表していきます。
 

スポンサーリンク

 

高校野球2017の夏の優勝候補を予想!本命編

まずは、高校野球2017の夏の優勝候補の本命2校です!

 

履正社(大阪)

なんと言っても私の大本命は履正社です!
 

春のセンバツ高校野球では惜しくも決勝で敗れてしまいましたが、安定感は抜群です!

選抜では、エースの竹田投手の調子が安定せずに苦しい場面もありましたが、2回戦の市呉との試合ではしっかりと完封するなど実力は折り紙付きです!
 

高校野球2016夏甲子園

昨年の大エース寺島成輝投手(現ヤクルト)から引き継いだエースの魂を夏の甲子園でも見せてほしいです!

攻撃陣では、4番の若林選手が選抜でも活躍して、4番としての風格を増しています。
 

履正社の粘り強いプレーは、選抜でも随所に見られました。

選抜で準優勝、しかも同じ大阪勢の大阪桐蔭に負けた悔しい経験が、夏の甲子園で爆発すると期待しています!
 

 

秀岳館(熊本)

2016年の春と夏、そして2017年の春と3回連続で準決勝で敗れるという秀岳館

そろそろ、大輪を咲かせる時期がやってくる!という期待を込めて本命にしました!
 

甲子園2016

春の選抜でも、優勝した大阪桐蔭とは2-1で敗れたものの、王者を最も苦しめた戦いをしています。

4番で主将の広部選手もプレッシャーにより12打席無安打という選抜での悔しさを、初優勝という形で跳ね返してもらいたいです!
 

 

高校野球2017の夏の優勝候補を予想!対抗編

 
では、本命に対抗する2校の発表です!
 

大阪桐蔭(大阪)

春の選抜高校野球で頂点に立った大阪桐蔭を上げないわけにはいきません!

え?対抗?、本命じゃないの?と思われたかもしれませんが、やはり連覇の壁は相当厚いんです!
 

高校野球2016年

強さの秘訣はやはりチームワーク!

福井主将を支える副将がなんと、7人もいます!!

それぞれの役割を持った副将たちが各所で目を光らせているため、チーム内に適度な緊張感が生まれ戦う集団になりました。
 

実力は十分連覇できると思います!あとはプレッシャーに打ち勝つのみ!

ぜひ、期待しましょう。
 

 

早稲田実(東京)

プレッシャーと言えば、この選手をおいてほかにいないでしょう。

早稲田実業の清宮選手です!
 

高校野球夏

1年生すでに怪物スラッガーと呼ばれ、圧倒的な存在感を見せつけた清美選手ですが主将となり、半端ないプレッシャーが襲います!

冬の間には体幹を意識したトレーニングで徹底的にしたおかげで、ブレのないスイングを身につけたものの、春の選抜では、不発に終わり本塁打は無し。

チームも2回戦で敗退してしまうなど、不完全燃焼そのもの。
 

清宮選手にとっては高校最後の大舞台。

伝説のスラッガーになるには優勝しかないですね!
 

スポンサーリンク

 

高校野球2017の夏の優勝候補を予想!穴編

 
実力は高く、夏までに化ける可能性がある穴の2校です。

作新学院(栃木)

2016年の夏の頂点に立った作新学院

昨年の主力メンバーが抜けた穴は大きく、春の選抜でも2回戦で秀岳館に敗北してしまい勝ちきれません。
 

高校野球2016

連覇の決め手は、なんといっても左腕エースの大関投手にかかっています!

2016年の秋の大会では3連続完投とポテンシャルは高いので、どれだけ夏までに実力を上げられるか、期待しましょう!
 

チーム全体も、全国を制した先輩たちの魂を受け継いで連覇を達成してほしいです!
 

 

横浜(神奈川)

超激戦区の神奈川で名門と言えば、横浜高校ですね!

春の選抜には出場できませんでしたが、その実力はさすがというほかないでしょう!
 

2016甲子園 夏

柱となる選手は、甲子園でも十分活躍できるエース左腕の板川投手、今年の秋のドラフト候補でもある増田選手、圧倒的パワーで打球の飛距離が半端ない万波選手など、タレントぞろいです。

しかも、今年入ってきた一年生も、名門の名の通りレベルの高い選手ばかり。

 

神奈川という激戦区を潜り抜けてきたチームは間違いなく、夏の甲子園では主役となるでしょう!

 

 

高校野球2017の夏の優勝候補を予想!大穴編

 

最後は、ぜひ上がってきて大会を盛り上げてきてほしい大穴3校です!

 

東海大福岡(福岡)

春の選抜2017では、東海大福岡のエースの安田投手が自信を付けた大会となりました!

とういうのもあの大型スラッガー、早稲田実業の清宮選手と真っ向勝負して白星を挙げています。

清宮選手には3塁打を打たれましたが、続く優勝校の大阪桐蔭を4回まで、無失点とポテンシャルの高さを感じさせてくれます。
 

2016甲子園

安田投手は、変則的なフォームでスライダーやシンカーを自在に操る右腕エース。

球速もアベレージで125km/hと安定していて、夏の甲子園では大エースに化ける可能性もあります!

 

スポンサーリンク

 

報徳学園(兵庫)

名門、報徳学園を支えてきた名将、永田裕治監督。

甲子園通算23勝17敗、2002年の選抜では頂点に立つなど輝かしい実績を持っています。

その永田監督が2017年の選抜で勇退されました。
 

高校野球 夏

2017年の夏には、永田監督の想いを引き継いだ36歳の大角監督が指揮をとります。

正直、小技、足技と細かい技術はありますが、まだまだ途上です。
 

しかし、新しい監督の勢いをそのまま、夏の甲子園2017でも発揮してほしいと思い、穴予想としました!

 

 

盛岡大付属(岩手)

2016の夏、2017の春と連続して全国の大舞台で2勝という、岩手県勢としては初の快挙を成し遂げた盛岡大付属

選抜では、強力打線を武器に、準優勝した履正社に挑みましたが、6回までパーフェクトに抑え込まれるなど苦戦しました。
 

高校野球 優勝候補

7回に先頭打者の植田選手が2季連続となるホームランで反撃して、強力打線の片鱗を見せだしますが、その後は打線が続かず、残念な結果に・・・。

高校通算39号をマークしている上田選手を中心に春の悔しさを胸に、打線の爆発は夏に!と期待しましょう!

 

 

まとめ

以上、高校野球2017の夏の優勝候補を予想!連覇それとも逆襲?の記事でした。

今回の記事のまとめとしては、高校野球2017の夏の優勝候補は、

  • 本命 履正社(大阪)
  • 本命 秀岳館(熊本)
  • 対抗 大阪桐蔭(大阪)
  • 対抗 早稲田実(東京)
  • 穴  作新学院(栃木)
  • 穴  横浜(神奈川)
  • 大穴 東海大福岡(福岡)
  • 大穴 報徳学園(兵庫)
  • 大穴 盛岡大付属(岩手)

となります!
 

いや~、予想しているだけでもワクワクしますね!!

暑い夏は、高校野球でさらに熱くなります!!

2017年もさらにヒートアップした甲子園を楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 新潟高校野球2016
  2. 福島県高校野球2016
  3. 高校野球2016夏甲子園
  4. 高校野球2016夏甲子園
  5. 大分県 高校野球2016
  6. 高校野球2016甲子園
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール






性別
チーター : 夫 (男性)
ペガサス : 妻 (女性)

年齢
チーター : アラフォー
ペガサス : アラサー

初速は負けないけど<すぐ飽きる>チーター夫と、
天真爛漫、自由気ままな<天才肌>のペガサス妻。
AKBと、ももクロの区別がつかないとか、
そんなボケボケ夫婦にならないように、
いろいろな事を調べて、記事を発信していきます!