梅雨の季節の挨拶を間違うな!手紙やビジネスメールで問われる常識力

ども、チーターです。

 

みなさんは、手紙を書いていますか?

 

私も手紙は必要がない限り、

書くことはないのですが、

その分、書く必要な時が来ると、

書き出しや結びの文章

悩んでしまいます。

 

大人としてちょっと恥ずかしいな

と思いつつ、毎回調べています。

 

なので今回は、自分の勉強も兼ねて、

梅雨の頃の6月の手紙やメールの

書き出しと結びをまとめてみました。

 

ビジネスメールでも

使えますよ!

 

スポンサーリンク

 

6月の書き出しの言葉(あらたまった相手)

 

・麦秋の候、

お変わりなくご活躍のことと

お喜び申し上げます。

 

・青田を渡る風もさわやかな
季節になりました。

 

・うっとうしい梅雨とはいえ、

お健やかにお暮しのことと
存じます。

 

・めっきり蒸し暑くなって
まいりました。

 

・今年は空梅雨とのことで
ございます。

御地はいかがですか。

お見舞い申し上げます。

 

・連日の雨に木々の緑も

深くなってまいりました。

ご家族様お元気で

お過ごしの事と存じます。

 

・街行く人もすっかり

夏の装いとなりました。

その節はたいへんお世話になり、

感謝いたしております。

 

・長雨に心も沈みがちになりますが、

〇〇様は梅雨にもめげることなく、

ご活躍のことと拝察いたします。

 

・梅雨寒の毎日ですが、

お風邪などめされていませんか。

 

・今年の梅雨は例年と異なり、

弊地に大雨を降らせています。

御地はいかがでございますか。

 

6月の結びの言葉(あらたまった相手)

 

・季節の変わり目です。

お健やかにお過ごしくださるように

お祈りいたします。

 

・梅雨寒の日もございますので、

お風邪などめされませんよう、

くれぐれもお気をつけください。

 

・薄暑のみぎり、一層のご健勝を

ご祈念いたします。

 

・あと一週間ほどで
梅雨明けの予報です。

十分ご自愛くださいませ。

 

・今年もまた猛暑のようです。

あまり無理をされず、

ますますご活躍ください。

 

・田植えなどでお忙しいと

存じますが、何卒ご自愛専一に

なさってください。

 

6月の書き出しの言葉(親しい相手)

 

・長雨に心も沈みがちになりますが、

いかがお過ごしでしょうか。

 

・何とも言えず蒸し暑い梅雨空です。

お元気でお過ごしですか。

 

・今日は梅雨の晴れ間の

青空が広がりました。

お元気ですか。

 

・雨が上がると初夏の陽気です。

いよいよ夏がそこまで来ているんですね。

 

・くちなしの花が本当に

良い香りです。

もうそんな季節なんですね。

 

・六月と言えばジューンブライド。

〇〇様の結婚式を思い出します。
 

スポンサーリンク

 

6月の結びの言葉(親しい相手)

・梅雨の日が続きそうです。

無理されませんように。

 

・体調に気をつけて、

お互いに元気に夏を迎えましょう。

 

・雨空の下、今年も豊作であることを祈りつつ。

 

・かえるの合唱に耳に傾けて、

あと少しの梅雨を楽しみましょう。

 

・梅雨明けまであと少し。

夏休みの予定でも考えながら、

その日を待ちましょう。

 

・心ふさぐ梅雨の日もあとわずか。

間もなく夏の開幕宣言です。

 

以上、

梅雨の頃の6月の手紙やメール

書き出しと結びをまとめでした。

 

きっちり使えると、

大人力アップです。

是非ご参考になさってください!

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 猫1
  2. 風邪薬
  3. 雑学2
  4. 人工知能
  5. 1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_s
  6. バファリン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール






性別
チーター : 夫 (男性)
ペガサス : 妻 (女性)

年齢
チーター : アラフォー
ペガサス : アラサー

初速は負けないけど<すぐ飽きる>チーター夫と、
天真爛漫、自由気ままな<天才肌>のペガサス妻。
AKBと、ももクロの区別がつかないとか、
そんなボケボケ夫婦にならないように、
いろいろな事を調べて、記事を発信していきます!